So-net無料ブログ作成

飛鳥時代がピーク [読み物]


木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

  • 作者: 西岡 常一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 文庫


以前、J-WAVEのBOOKBARで紹介されてた本。

「建築は飛鳥時代がピークで、それ以降はどんどん衰退している」
と著者が語っているらしい。
建築を勉強したわけではないけど、
様々のものが開発されて技術も向上しているし
高層の建築もその最新技術のおかげだと思っていたので
まさかそんなことになってるとは!衝撃!

確かに美術工芸品の中には
現在では再現不可能なものも多くあるし
一昨年日光に行った時も
「これ今じゃ絶対造れないよな」
って圧倒されつつ見入ったことも思い出した。

そして先日耳にした話。
「スカイツリーも法隆寺の五重塔の工法を参考にしてる」

調べたら、ここにも載ってました。
ウィキにも書かれてた

だってざっとみても1400年前のことですよ?
当時は大陸から渡ってきたものも多かったかもしれないけど
それを消化して自分たちのものにして今に伝えてるってことと
日本の技術ってもうその頃から綿々と続いてるんだなと
えらく感心してしまったのでした。

というかまだ読んでないんだけどね。
なんかもうそれだけでおなかいっぱいになっちゃって…。

気が付いてみれば。 [あれこれ]

ツイッターばっかりやってたら、全然更新してないじゃんか。
ここまで放置したのも初めてだよなぁ。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。